脱毛クリームや除毛ワックスを使ったセルフ脱毛のコツ

脱毛クリームや除毛ワックスは、必要な時にすぐ購入できて短時間でムダ毛処理ができるので便利ですよね。

今回は初心者の人だけでなく、普段から脱毛クリームや除毛ワックスを利用している人でも、目からウロコの効果的な使い方を伝授します。

脱毛クリームのワンランク上の使い方

脱毛クリームの基本的な使い方は、クリームを塗る→時間をおく→クリームを取り除く。

これだけでもキレイに脱毛することは可能ですが、ほんのちょっとした手間を加えるだけで、お手入れの間隔を長くしたり肌を傷めずに脱毛することができちゃうんですよ。

それは「肌を温めておくこと」「肌に水が付着してないこと」「抑毛剤でアフターケアすること」この3点です。

あらかじめ肌を温めておくと、肌や毛がやわらかくなるので脱毛クリームの成分が浸透しやすくなります。さらに、毛穴も開くことで毛穴の深いところまで浸透するので、ムダ毛の伸び始める時間を抑えることができます。

お風呂上がりに脱毛クリームを使う人も多いとは思うのですが、しっかり水分を取り除いておかないと脱毛クリームの脱毛効果が半減してしまうので注意してください。必ずタオルで水気を拭き取ってから始めること。

さらに、脱毛クリームを洗い流した後は抑毛ローションを塗っておくと、ムダ毛の成長スピードを遅らせることができるので便利です。抑毛ローションはインターネット通販などで気軽に購入することができます。

もし、抑毛ローションが手元になくても、アフターケアではしっかり保湿をしておくように。脱毛後の肌はとてもデリケートな状態なので、保湿することでよりスベスベな肌を目指すことができます。弱酸性のものがおすすめです。

除毛ワックスのワンランク上の使い方

除毛ワックスの場合、市販されているものを買うか自作するかに分かれるかと思いますが、どちらの場合もワックスを塗る(不燃布を貼る)→時間をおく→引き剥がす、が基本的な使い方。

まず、ワックスを塗る前の下準備として「肌の汚れ・水分は取り除く」「ムダ毛は1cm程度に処理しておく」が重要となってきます。

意外とやりがちなミスは日焼け止めを塗ったまま、ボディークリームを塗ったままワックスを塗ってしまうこと。洗って清潔にしてから始めるのが良いでしょう。水分もベビーパウダーを使えば、上手に水気をなくすことができますよ。ムダ毛が長すぎるとワックスに絡まりやすくワックス効果が半減します。長さを確かめて長いようならカットしてあげましょう。

つぎにワックスを塗る際「適度な範囲」を「毛の流れに沿って塗る」こと。一度に広範囲をやろうとしてしまいがちですが、除毛ワックスは狭い範囲を行うことに適した脱毛方法です。初心者は1cm角程度からスタートすると良いでしょう。

剥がす時は毛の流れと逆方向から剥がしていくので、また毛の流れに沿って塗ることで効率良くムダ毛を脱毛することができます。

最後は「勢いよく一気に剥がす」こと。肌を抑えながら剥がすと痛みも少なく剥がし切ることができます。また、、脱毛後はしっかり肌を冷やして毛穴を引きしておくと、理想のスベスベ肌に近づくことができます。

まだ除毛ワックス処理後に起こりやすい埋没毛も、定期的なスクラブで毛穴をキレイにしておけば、起こりにくくなるのでおすすめです。