自宅で脱毛するのと脱毛サロンへ通うのではコストがどれくらい変わる?

自宅の脱毛と脱毛サロンのコスパを比較

家庭用脱毛器は、自宅で自分の好きな時間に処理できるというメリットがあります。

一番人気のケノンは、メーカー小売希望価格は98000円ですが、キャンペーンなどを利用すると69800円ほどで購入することができます。

決して安い金額ではありませんが、一度買えば自分で好きな部位を好きなだけ脱毛できると考えると、脱毛サロンに行くよりコスパが高いと感じるかもしれません。

しかし、ケノンはカートリッジを交換するタイプの脱毛器です。照射できる回数が決まっており、それを超える回数を使うためには、新しいカートリッジを購入しなければいけません。

最近、ケノンにはプレミアムカートリッジといって、100万回の照射ができるものが登場しました。これにより、頻繁に買う必要はなくなりましたが、使っていれば買い直さなければいけません。

脱毛サロンの料金相場はどれくらい?

これに対して、脱毛サロンで脱毛する場合はどうなのでしょうか。

銀座カラーでは、月額制という料金プランが用意されています。毎月6800円を支払うことで、全身の脱毛が受けられるというものです。

総額は197,650円になりますが、回数無制限のコースなのでこれ以上の追加費用がかかる心配はありません。

シースリーは毎月7500円を支払い、総額は290000円です。サロンによって金額が異なりますので、自分がどこに行くかをよく考えてから選ぶ必要があります。

銀座カラーとシースリーは、デリケートゾーンも含んだ施術が可能ですが、顔の施術は別料金となっています。

キレイモは、顔もデリケートゾーンも含んだ全身脱毛が可能です。6回の施術で123120円、12回の施術で229003円かかるので、自分の希望に合わせて選ぶことができます。

脱毛ラボも、顔とデリケートゾーンの施術を含んで、6回で129340円、12回で229778円という費用になります。

そこまで費用の差はないように感じますが、施術後のお肌のケアが、キレイモはスリムアップ成分の入ったもので行い、脱毛ラボは保湿効果がメインになっています。

結論!どのように脱毛するかは費用だけでなく効果や施術可能範囲も考えて決めよう

家庭用脱毛器の方が、カートリッジを追加購入してもコスパは高いように感じます。

ただ、背中など自分の手が届かない部位への照射が難しいというデメリットもあります。脱毛サロンとの比較をする上では、施術に対する効果なども含めて考えるといいでしょう。

カートリッジの追加購入は1つあたり10000円ほどかかります。本体と同時に購入すると、安くなるので検討しましょう。