自宅でセルフ脱毛をするにはどんな方法がある?

自宅でセルフ脱毛する方法

セルフ脱毛の良さといえば「誰にも見られず」「いつでも好きな時に自分のペースで行える」ことではないでしょうか。必要な道具もドラッグストアやコンビニなどで手軽に購入できますし、しかもお財布にも優しい。

ここでは、そんな誰もが一度はやったことのある「セルフ脱毛」の方法についてまとめてみました。

セルフ脱毛の王道「カミソリ」

セルフ脱毛といってまず思い浮かべるのはカミソリ。足やウデなど広範囲を脱毛するのであればT型カミソリが最適ですよね。また指や顔などを剃る場合にはI型カミソリも大活躍。

100円程度から販売されているので、剃り味は落ちればすぐ買い換えることも容易です。また衛生面から使い捨てする人もいるでしょう。今では安全性を重視してガードつきのものや、ヘッドが首振るタイプのものもあります。

カミソリでセルフ脱毛する際は、いきなり肌に当てずにシェービングクリーム(なければ手持ちのクリームなどで代用)をつけること。またセルフ脱毛前に肌を温めて毛穴を開かせておくことも大事。

またカミソリを当てた肌は荒れやすくなっているので、化粧水などでしっかり保湿してあげましょう。

まだあるセルフ脱毛の種類

カミソリ以外にも、電気シェーバー・毛抜き・脱毛クリーム・ブラジリアンワックスなんてのもありますね。

電気シェーバーはカミソリに比べて、肌を傷めにくく短時間で広範囲を脱毛するのに適しています。ただし肌に密着して毛を剃るわけではないため、ムダ毛が生えてくるは早め。

毛抜きはワキや眉毛など、太くて目立つ少なめの毛を脱毛するのにはぴったりの脱毛法ですよね。ただし、時間がかかるため根気が必要。とくに、ワキは利き手側の脱毛を行う際には上手に行えない場合も。

カミソリのチクチク感が苦手なら、脱毛クリーム(除毛クリーム)もあります。ムダ毛を溶かす成分なので、毛先がまるく処理されます。

根こそぎムダ毛を取り除きたいと思っているのなら、ブラジリアンワックスやシュガーワックスでベリっとはがしてしまう方法も。痛みは伴いますが、剥がす一瞬だけなので我慢できればやれないことはありません。

とくに、シュガーワックスは家にある材料(砂糖・レモン果汁・バニラエッセンス)でできちゃうので、興味ある人は一度試してみるのもありかも。

お金がかかっても、時間がかかってもいいから「本格的なセルフ脱毛がしたい」という人には家庭用脱毛器という手がありますよ。10万円以下でサロン・エステ並みの脱毛効果を得ることができます。

脱毛を繰り返すことで、ムダ毛がどんどん薄くなって自己処理の頻度を減らすことができます。安いものだと2万円以下で購入できるものもあります。

 

どの方法でセルフ脱毛するにしても焦りは禁物。焦ってやるばかりに肌荒れを起こしてしまっては、せっかくの脱毛の意味がありません。とくに、生理前や生理中は肌がデリケートなので脱毛は控えておいたほうがいいでしょう。